LOADING

よくある質問 FAQ

  • Q

    買取と仲介は、なにが違うのですか?

    A

    買取は当社が直接購入するため、仲介手数料が発生しません。また、大々的に広告や売却活動を行わないので、周囲の方々にも気づかれずに物件を手放すことができます。現金化も非常にスムーズで、お引き渡し日なども柔軟に対応いたします。

  • Q

    どのような物件が買取の対象となりますか?

    A

    土地・一戸建・区分マンションはもちろん、一棟アパートや連棟住宅・店舗・事務所なども対象です。また、既存不適格などの買取実績も多数ありますので、まずはお気軽にご相談ください。

  • Q

    買取エリアの制限はありますか?

    A

    基本的には1都3県(東京・神奈川・埼玉・千葉)のエリアで買取を行っております。
    範囲外の物件をお持ちの方も、関東近郊であれば一度ご相談ください。

  • Q

    査定を依頼したら、絶対に売らなければなりませんか?

    A

    査定後、必ず物件を売る必要はございません。
    具体的な買取価格のご提案をいたしますので、ゆっくりご検討ください。

  • Q

    売却が決まった後、引っ越し時期の調整はできますか?

    A

    お引き渡し日については、お客様のご都合に合わせて調整いたします。「子供の学校卒業まで1ヶ月待ってほしい…」「引っ越しの手続きで少し時間が欲しい…」など、柔軟に対応いたしますので、ご安心ください。

  • Q

    任意売却とはなんですか?

    A

    通常、住宅ローンの融資を受ける場合には、物件に抵当権が設定されます。この「抵当権」は残債をすべて返済しないと抹消されず、第三者への売却もできません。残債の全額返済ができない場合、たとえ毎月の住宅ローンが支払えない状況下であっても、住宅の売却は行えないのです。

    住宅ローンの返済が3ヶ月以上滞ると、債権が金融機関から債権回収会社に移行します。任意売却とは、債権回収会社に移行してから約6ヶ月の間に可能な売却方法です。債権者と交渉し、残債を全額返済できない場合でも抵当権の抹消を行うことができます。債権回収会社が回収した後でも、住宅を売却できるのが特徴です。

  • Q

    任意売却と競売の違いはなんですか?

    A

    競売は入札で売却価格を決めるので、市場よりも価格が安くなります。一方、任意売却は市場で売却を行うため、競売よりも高く売れる可能性が高いです。

    そのため、一般的に競売よりも残債を減らせるといわれています。また、周囲にも気づかれにくく、条件の融通が利きやすいというメリットもあります。お客様の物件によって最適なご提案をいたしますので、まずはご相談ください。